メイン画像

児童発達支援センター 倉敷学園
児童発達支援センター
倉敷学園

何らかの障害や発達の遅れのある

お子さんが利用する施設です

何らかの障害や
発達の遅れのある
お子さんが
利用する施設です
保護者との情報交換を基に、
一人ひとりのお子さんの個別支援計画を作成して、活動を設定しています。
医療的ケアの必要なお子さんの受け入れにも相談に応じています。
倉敷学園の支援の方針
児童発達支援センター倉敷学園は、子どもたちの生きる力・育つ力を応援し地域で健やかに育ち、豊かな人生の主人公として生きていけるように家族や地域住民と協働し育んでいきます。
子どもたち一人ひとりの個性を認め自尊心や主体性を育てながら発達成長していく過程で、成人期に豊かに充実した自分自身のための人生を送ることができるよう、チーム倉敷学園で自立支援を行います。その子の生活の基盤である家族に寄り添いながら、親子の愛着形成が充分育むことができるよう、兄弟児や祖父母も含めた家族支援をいたします。
身近な地域の障がい児支援の拠点として、地域の0歳から18歳までの子育て発達相談に応じるとともに子どもたちの生活の基盤である家庭・所属園等に出向き地域支援を行います。
ひろば栗の家と協働し、地域住民・学生・ボランティアと一緒に地域活動や季節行事に参加し子どもたちの経験を増やしていきます。
倉敷学園 平成30年度方針
その子のかけがえのない人生を尊重しサポートします
一人ひとりの個性を認め、得意なことや興味のあることを見つけます
保護者の子育て力の強化に努め、家族の元気を支援します
子どもと職員が一緒に喜び楽しめる活動を実施し子どもの主体性を引き出します
地域の中で、他者との交流の場を持ち、お互いの活力や生きる力を育みます
子どもがありのまま、活き活き過ごすことができるよう地域住民や関係機関と連携し地域作りを行なっていきます。
入学のご案内

PC用の画像
スマホ用の画像

サービスのご案内
サービス
サービス
サービス
単独通園
開演時間 月〜金 / 土(年間開所予定表に明示している日) 9:00~15:00
登降園方法 通園バス、または保護者による送迎
ご利用料金 児童福祉法に基づく自己負担額
保護者の所得によって、利用者負担額の上限が設定されています。(受給者証に記載されています)
療育内容

保護者との情報交換を基に、一人ひとりのお子さんの個別支援計画を作成して、活動を設定しています。
毎日の生活の中で、食事・排泄・着脱などの基本的生活習慣の獲得
集団療育、個別療育の中で、「見る」「聞く」「伝える」「話す」「書く」「操作する」「理解する」「関わる」棟の力の獲得を目指し、子どもたちはいろいろな活動に取り組んでいます。

発達相談

保護者との情報交換を基に、一人ひとりのお子さんの個別支援計画を作成して、活動を設定しています。
言葉がなかなか出ない、増えない。
こちらが言っていることが伝わりにくい。
上手にお友達と遊べない。
食事、排泄、着脱などの生活習慣がなかなか身につかない。
なかなか歩かない。
動きがぎこちない。
落ち着きがない。
などなど・・・
お子さんの発達で気になることがある方は、お気軽にご連絡ください。

フォトギャラリー
施設概要・アクセス
住 所 〒701-0113 岡山県倉敷市栗坂8番地
TEL 086-464-0012 (今すぐ電話する▶︎)
FAX 086-464-0014
園 長 安 知子
設立年月日 昭和53年4月1日
定 員 50名
サービス内容 通園施設、発達相談、保育所等訪問支援事業