法人内のセラピストの役割

セラピストとは、心身の不調などをきたした人に対して社会復帰を助けるため、心理や身体に働きかけるさまざまな療法(セラピー)を行う人、または職業を指します。社会福祉法人クムレでは、リハビリテーションの国家資格を有する職員で構成されたチームの総称を指します。理学療法士(PT)1名、作業療法士(OT)2名、言語聴覚士(ST)2名が所属しています。

社会福祉法人クムレの事業所をご利用されている方がよりよい生活をおくれるように、能力の回復や新たな能力の獲得のために、事業所の職員と一緒に支援を考え、実施しています。

対象疾患:脳性まひ、ダウン症、自閉症スペクトラム、運動発達遅滞、言語発達遅滞、構音障害など

  • 理学療法
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

Physical Therapy(PT)


運動面に遅れや問題が生じているお子さまに、おもちゃや器具を用いて支援を行います。また、日常生活を快適に過ごすための姿勢についての説明や車いす・座位保持装置・装具などの補助具の調整や相談なども行っています。

Occupational Therapy(OT)

食事、着替えなどの身の回りの動作や、鉛筆、はさみなどの学習における道具の操作を遊具や玩具を使って、からだ全体や手の使い方を指導します。また道具や椅子の工夫も行っています。
※ 他者との関わりや集団行動における困り感に対して、小集団で社会的な技能を学ぶ活動も取り入れています。

感覚統合とは?

私たちは生活の中で、体に入ってくる情報(感覚情報)を無意識に整理し、行動や感情に働きかけています。
感覚統合では、脳にとって大切な栄養素である感覚情報の量や方向を交通整理することで、発達の土台を作っていきます。
発達の土台がしっかり安定していると積み木を積み上げていくようにお子さんが成長し、成長を実感することで、達成感や挑戦意欲などの心も発達してきます。

 

Speech Therapy(ST)

ことばのやりとりが難しい、発音がはっきりしない、ことばがつまってうまく言えないなど、言葉についての相談や評価を行い、お子さまに適した方法で言語発達を促していきます。
食べたり、飲み込むことが難しい方への支援も行っています。

言語聴覚士がおこなう特別支援

リハビリ室のご案内

倉敷学園内、テラスの手前にあります。「手(て)」のマークでご案内しています。室内では、お子さんの発達の様子に寄り添いながら、課題や玩具の提供をしています。

倉敷学園での特別支援(言語療法)について

  1. 倉敷学園に入園されたお子さんに対して、倉敷学園内の言語聴覚士が個別支援(1対1)をおこないます。特別支援の対象は、倉敷学園に在籍する全園児です。※お子さん同士のやりとりを育むために、二人のお子さんを同時にお呼びし、お友達との関わりの機会を持つこともあります。
  2. 新入園のお子さんは4~5月に発達評価をおこないます。継続児さんは5~6月に発達の再評価をおこないます。
  3. 毎月1回、おひとり約30分の実施時間です。実施内容については、個別の記録ファイルで毎月、保護者にお伝えする形としています。内容についてのご質問やご意見はファイル内のコメント欄にて保護者からお伝えいただくようにしており、担当言語聴覚士から都度、お返事をさせていただくようにしています。
  4. 尚、特別支援において保護者の同席は必要としませんが、お子さんの様子を見学されたい場合や、お子さんの発達やリハビリテーションに関する内容の個別相談は随時受け付けています。その場合は、入園後、個別にお問い合わせください。

法人クムレでおこなう言語聴覚療法の対象

言語聴覚療法とは、言語・聴覚・音声・構音(発音)など、言語聴覚障害児・者の方を対象に言語感覚機能の獲得、維持または回復を計り、コミュニケーション能力や生活の質を高めるための訓練をおこなうものです。必要に応じて、倉敷学園以外の事業所にも出向いています。成人の施設では、主に摂食・嚥下の問題を、またお子さんの施設では言語発達やコミュニケーションの問題、そして乳幼児期からの摂食・嚥下の問題にも随時対応しております。

摂食(せっしょく)・嚥下(えんげ)障害(しょうがい)(食べる力の弱さ)

脳の病気や損傷あるいは神経疾患、また加齢性変化や継続的服薬、これまでの摂食習慣など、あらゆる原因で食べることが難しくなる場合があります。水を飲むとムセる、咀嚼がしにくい、食べ物がいつまででも口の中に残る、飲み込めない等、さまざまな症状があります。ムセがないから大丈夫…ということではなく、必要に応じて医療機関と連携し、きちんとした評価(VFG:嚥下造影検査など)の下、嚥下訓練(食事支援)をおこなうことが重要と考えています。また、おくちの健康を維持(口腔ケアやマッサージ)することも大切に考えています。

小児の摂食・嚥下の問題
口腔器官の機能の未熟さや発達の遅れを要因とした摂食機能の獲得不良など、個々の要因で、噛む(咀嚼する、噛みとる)・口の中で食べ物をまとめる、飲み込むなどの食べる機能に問題が生じる場合があります。かたいものを嫌う、飲みこめずに吐き出してしまう、丸のみしてしまう、詰め込んで食べる、歯が生えていない、口からよくこぼす、偏食がつよい等、普段のお子さんの食事の様子に寄り添いながら、対応を考えていきます。

 

言語(げんご)発達(はったつ)遅滞(ちたい)(ことばの遅れ、コミュニケーションの苦手さ)

言葉を含め、同年齢のお子さんに比べて発達が遅れている、行動面で少し気がかりなことがある、また知的障害・自閉症・ADHD(注意欠陥多動症)やLD(学習障害)、ダウン症や染色体異常、脳性麻痺等によりコミュニケーションが上手くできないお子さんに対し、言葉を含めた発達を促す関わりを支援していきます。

 

機能性構音(きのうせいこうおん)障害(しょうがい)(発音の歪(ひず)み、正しい発音の獲得不全)

聞こえや発音器官などに明らかな原因がないのに、言葉が不明瞭な状態のお子さんに対し、構音評価をおこない発音に必要な運動機能が未熟であれば“おくちのたいそう(口唇・舌)”や、発音の訓練をおこないます。

発話例) 「せんせい」→誤「てんてい」、つみき→誤「ちゅみき」 など

 

吃音(きつおん)(どもり)

発話の出だしの言葉に詰まったり、音の繰り返し、引きのばしなどの症状があらわれます。幼児期からみられ、男女比では男の子に多くみられるようです。治療を必要とする場合もありますが、幼児期の場合では自然に治ることもあり、様子をみる期間を必要とする場合があります。また、お子さんを取り巻く 環境調整へのアドバイスやお子さんの心的サポートもおこなうことで改善が期待されることもあります。

発話例)「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくはね、」「おーーーーーーかぁさんが…」

 

👇 より詳しく、言語聴覚士について知りたい方に
日本言語聴覚士協会  https://www.japanslht.or.jp/
岡山県言語聴覚士会  http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/commhw/okayamast/cms/